わんこから学ぶ子育て術

どうも、たまひよです。

 

だんだん、カフェからかけ離れていますが、すべてのことが

カフェへの道のりの1つだと思ってください。

 

とりあえず言い訳させてください。

本当にもっと毎日いろんなもの試したいんですけど、食事制限がございまして、

刺激物NG、脂質NG、糖質も控えめにという過酷な食事制限中なわけなんです。

 

本題に入ります。

 

犬を飼ってなにが大変だった?

◎トイレトレーニング

 

◎トリミング&グルーミング

 

この2つにつきます。

トイレトレーニング

トイレにおしっこしない。うんちもその辺でする始末。

おむつも一瞬考えたが、いや違う!と思い、とにかくトイレはここ!と覚えさせました。時には褒めたたえ、厳しく!今となってもたまに失敗はありますが、ほとんどトイレでできるようになりました。

 

トリミング&グルーミング

プロに頼めば、らくちんです。ただしうちは中型犬+長毛種ということもあり

10,000~12,000円ほどかかります。だいたいいつも3時間コースです。

正直、毎月この金額を支払うのはきついし、わんこです。いくら綺麗にしてても

数週間経つと獣のかほりが漂ってきます。

 

このタイミングが洗いごろなのですが、その都度トリミングサロンになんて連れていけるか!と思い、とりあえず、洗ってみました。

 

手始めに準備したもの

◇シャンプー

◇トリートメント

◇ドライヤー

 

ぬるま湯38℃くらいのお湯で、シャワーヘッドを押し付けるように洗うのが良い。とどこかの記事で読んだので、それを実行しました(そのあと妻に怒られました)

 

意外と素直に逃げ回らず受け入れる我がわんこ。

なんだ楽勝じゃないか!と初めてのシャンプーをクリアしました。

 

 

ここからが激闘の始まりです。

 

ドライヤーで乾かす作業!とりあえずびしょびしょのわんこを床に置いた瞬間です。

逃げ回るわんこ⇒かけまわる僕 両方びしょびしょです。

 

どうしたらドライヤーがうまくいくのか。考えに考えた結果が

 

浴槽の蓋の上にわんこを置く

✖ 浴槽に毛が詰まる

✖ 浴槽を洗ってもお湯を溜めたときに毛が浮いている

✖ とにかく暑い

 

動かなくなったことで乾かす速度は速くなったが、ダメだった。

 

僕は考えた。なぜトリミングサロンでわんこは静かにドライヤーを受けている?

なぜ、動物病院に行ったとき、わんこは暴れず静かにしている?

 

「降りられない高さの台の上に乗っているから」

 

これだ!と思い、トリミングサロン用の台を検索するも高すぎる。

高くて動くスペースが小さいもの且つ小スペースに置いておけるもの。

折りたたみ式のテーブルにたどり着いた。確か1,200円くらいのやつです。

ホームセンターに売ってます。

 

それから長毛+ダブルコートのわんこはとにかく乾かないということで

試行錯誤して、最終的に準備したものがこちら

 

◇シャンプー

◇トリートメント

◇ドライヤー

◇コーム

◇スリッカー

◇ブラシ

◇毛玉取り用ブラシ

◇ファーミネーター

◇爪やすり

◇爪切り

◇吸水性の高いタオル

f:id:tamahiyo3147:20200227220602j:plain

以上でございます。お色で分かる通り、すべてカインズです。

割としっかりしてて使いやすさは良いほうかと思います。

 

これだけ準備して挑んで、今までシャンプーからドライまで3時間かかっていたのが

1時間半に短縮されました。

 

今ではこんなに余裕な表情となりました。

f:id:tamahiyo3147:20200227221014p:plain

 

これだけで月1回12,000円の経費が削減されました。

僕の労働時間は無償です。

 

わんこから学んだ子育て

子育てで悩むことNO1

◎トイレトレーニング

2歳~4歳、トイレトレーニングに苦労されてる皆様おりませんかー?

実際、僕も苦労していました。今では、自らトイレに行くようになりました!

現在3歳と5ヶ月の娘。じゃあいったいどうやったらトイレでしてくれるようになるのか?ここが重要なポイントですよね。

 

これはわんこ同様です。わんこの脳は1歳以降、人の子供の3歳児並みの脳を持っていると言われています。

つまり3歳児並みの脳を持つ前のわんこにトイレを教えられたんだから、リアル3歳児にもトイレを教えることができる。という僕のスーパーわんこ理論です。

実際にやったこと

・トイレを認識させる(実際にしている姿を見せる)

・トイレにできたねシールを設置(トイレが上手くいったら貼っていい)

・とにかくトイレに座らせる(朝、お昼、お風呂前、寝る前)

 

これしかやってません。この中で唯一失敗したなと思ったのが「トイレにできたねシールを設置」でした。厳密にいえば、失敗とまではいかないんですが、最初からハードルを上げすぎたのが原因でした。『おしっこが出来たら』からスタートしてしまったんです。これは僕の失敗も踏まえ、皆さんにはお伝えします。

おしっこが出来たら』ではなく『トイレに座れたら』からスタートしてください。

 

今でも、僕のトイレに着いてきて座敷童のように隅っこに座ってケラケラ笑って

僕のトイレ姿を眺めています。

トイレは楽しいところと認識させることも大切です。無理やりしたり、出来なかったら怒ってしまうは絶対にしてはいけません。

 

未だに完ぺきではないので、おむつ外れていませんが、なんとかギリギリ入園前には間に合いそうです。

 

◎髪の毛を乾かす

僕の娘は3歳になりますが、髪の毛を乾かすときにじっとしていられません。さて、どうしたものかと悩んでいたとき。わんこから培ったものが活きました。

 

先ず、我が娘は長毛です。時間がかかります。なのでじっとしていられないわけです。

初めての失敗は、携帯で動画を見せながら実行する。でした。

これはドライヤーで音が聞こえない。はしゃぎがプラスに働いてしまい大失敗です。

 

そこで、わんこ同様の台を用意しました。これで動き回るという動作を止めることに成功しました。

更に、時間がかかっていた且つ娘の髪の毛を傷ませたくないという親心。

これもわんこのドライ活用術です。

必ず、ブラシをしようして梳かしながら、髪の毛を乾かし、ずっと温風ではなく、ときに送風にして水気を飛ばす。これでわんこも娘も頭皮(皮膚)対策ができたというわけです。

 

僕は、わんこは息子。娘は1番の愛娘。どちらも同じくらい愛しています。

いかがでしたでしょうか?わんこがメインなのか?子育てがメインなのか?

僕もさっぱりわかりませんが、何事も応用が利くということです。

' にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村