カフェへの道のりは遠い

どうも、たまひよです。

 

最近、更新をさぼっていたのは、仕事や病気のことで、いろいろ悩んでました。

 

相変わらず、週末は妻と子供と出かけてカフェに寄ったりしています

 

思いがけない一言

僕はカフェ開業を目標に頑張っているには、自分の病気や妻の病気のこともあるし

なんといっても『夢』追いかけているからです。

こうして、自分の趣味から転じて仕事にしていくことに対して、妻は冗談のように

いつも話を聞いていたんです。

 

でも先週ちょっと買い物に行ったとき、マフィンが売ってたんですが

それを見て、マフィンなら簡単に作れるし、オリジナルの味も試しやすいよね?

なんて言い出したもんだから、「急にどうした?」となったんですが、

いや、カフェやるならそういうのもありじゃん?的な前向きな発言が妻の口から飛び出した

 

なんだ、やっぱり諦めてなかったんだ。

 

現在は現職もがんばる

もちろん生活のために、今の仕事はがんばりますよ!

だから、やっぱりまだまだ趣味(カフェ巡り、コーヒーを淹れること、お菓子作り、お料理つくり)みたいな感じでやっていく感じになりますね

 

現職で培っていることも役に立ちますし、なによりも人脈も増えますので

この人脈は有効活用させていただきたいところですね。

 

仕事(勉強) ⇒ 趣味に活かすこともできますし

趣味(勉強) ⇒ 仕事に活かすこともできます。

 

なんだかんだ、学ぶということを辞めてしまっては人間腐ってしまいますね

 

さんざん悩んだ電気ケトル

バルミューダ

 

 

に決まりかけていたので、溜まっていた楽天ポイントとアメックスのポイントで

購入しかけたときにやっぱり・・・

 

温度調節機能はあったほうが、より一層楽しめるのでは?

という悪魔のささやきが聞こえました。

 

探してみるとすごく良さそうなものがありました。

 

ビタントニオ

 

あのブルーボトルコーヒーの初代リードバリスタの向山岳さんが監修。

まぁ、僕はブルーボトルコーヒーに行って飲んだことないんですけどね。

なんかブルーボトルコーヒーって日本に来たときは一時話題になりましたが、少し高いけど一般的なコーヒーより超うまいコーヒーが飲める場所だけど、味については、ものすんごい美味しいコーヒーって感じじゃなかったって感想がちらほらみえていた印象です。

 

ブルーボトルコーヒーのすごいところはハンドドリップの技術を

どの店員さんも同じレベルで淹れてくれるというお話(妻から聞いた)

 

そりゃ確かにすげー。どんなマニュアルと道具があるのか気になって調べてたときがこれを見つけたきっかけでございました。

 

そんなこんなでこちらを購入決定しました。

 

この細口ノズルがいかにもコーヒードリップという感じがしますね

 

でも、ちょっと前にサザコーヒーさんの店員さんに聞いたときは

細口ノズルは調整が難しく、サザさんのケトルについて熱弁されたことを今でも覚えています。

思わず買いそうになっていました。あの人の営業力は素晴らしかった・・・

とにかく前に

カフェを開くまでは最初にお伝えした通り!

10年後とかその先で考えてます。本当に今は趣味レベルで

勉強しながら、実践しつつコーヒーを楽しんでいます

 

0.1㎜でも前にすすめるよう頑張ります

 

最近胃腸の調子が良くないので、控えめにしております…

 

' にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村