どんなカフェを目指すか

どうも、たまひよです。

初投稿は自己紹介とさせていただきながら、いろいろと書いてしまいましたが、
www.cafeblanc.work
こちらを読んでいただければ、僕がいかに無謀な挑戦をしているかがわかりますので、さくっと読んでみてください。

本日の勉強報告

さっそくですが、本日からは先ず、カフェには欠かせない?「珈琲」について勉強をスタートしました。
とはいえ、Wikipediaを読んだり、他の珈琲が好きな人のブログを読んでみたりしただけなんですけど…

本日分かったこと

あんまりコーヒーのことを珈琲とあえて書く文章がない。

以上!

ただただコーヒーという文字が並んだ文章が羅列されています。

コーヒーはアラビア語でコーヒーを意味するカフワが転化したものである。
一説には、エチオピアにあったコーヒーの産地カッファ(Kaffa)がアラビア語に取り入れられたとも言われている。

コーヒーはコーヒーノキの種子を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。
コーヒーノキは、アカネ科コーヒーノキ属(コーヒー属、コフィア属)に属する植物の総称で、
主に栽培種(アラビカコーヒーノキとロブスタコーヒーノキなど)を指す。

収穫されたコーヒーの果実からコーヒー豆を取り出す工程をコーヒーの精製と呼ぶ。
コーヒーの精製には主に乾式(乾燥式・非水洗式)と湿式(水洗式)の2種類がある。
単純作業のため、コーヒーの精製は生産地で行われる。精製を済ませたコーヒー豆は生豆と呼ばれ、
カビなどの発生を防ぐために水分含量が10 - 12%になるよう乾燥して保管され、消費地に輸出される。

大体このあたりで 『コーヒー』の文字がゲシュタルト崩壊したので
読むのをやめておきました。

初っ端なから飛ばすのはよくありません。
ありがちですよね。やるぞ!と決めたその日はめっちゃ勉強するのにどんどん失速していってなにもしなくなる症候群。

話が逸れてしまいましたね。いや逸れてはいないか?

本来のお題に戻ります。

どんなカフェを目指すか

これは、実際に今でも迷っていますが、

ペットもOKなカフェを目指したい

そう思っています。これも単純に自分がペット(犬)を飼っているからです。
www.instagram.com

わんこOKなカフェってわんこを飼って初めて知ったんですが、結構探せばあるんですよね。
でも、探さないとないんですよ。遠出をしたり、知らない場所に行くとほぼ必ずやること

「ヘイ、グーグル 『犬 OK カフェ』」

自分もそうなんですが、近場でも多少遠くても、あっ、ここすごくいいなって思ったカフェって何度も足を運ぶんです。

いつもお世話になっているカフェがあるんですが、いつかご紹介させてもらえればと思います。

自分もそんな場所を提供する側になれたらって考えていました。

まだまだ、迷走中ですが、自分の夢のカタチができてきたんじゃないですかね!


僕が「適応障害」で悩んでいたとき、なぜか父から手渡された本が1冊ありました。


この中の1文に「7:1:2」の理論というものがあります。これは人の成長を決める要素の比率と言われていて、 7割は「仕事経験から学ぶ」割合、2割は「他人から学ぶ」割合、そして残り1割は「研修や書籍から学ぶ」ことを示しています。 未だになぜこの本を手渡されたかはわかりませんが、読んでみたら意外と面白かったです。 つまり何が言いたいかというと、7割を占める仕事経験から学ぶを僕は残り3割の他人から学ぶと書籍で補いつつ、自分なりに実践をして 成長するしかないということです。ぐうの音もでないとはこのことですね… 『Dog’s Cafe』 を目指してまた明日から勉強です。 残念ながら妻がインフルエンザにかかり、3連休にカフェに連れて行くことはできないので ちょっと一人で通院ついでにどこかフラッと行ってこようと思います。

' にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村