適応障害を抱えたパパの 0から始めるカフェ開業

「適応障害」と診断されたパパが夢だったカフェ経営までの道のりを綴っていきます

現在29歳 妻(妊娠中)と娘とわんこで暮らしているパパです。 2019年11月に「適応障害」と診断をされ、2020年1月まで休職をしていました。 休職中に考えていたことは、自分が本当にやりたかったことはなんなのか? 妻は仕事ノイローゼになりやすく、「癲癇」をもっています。 僕は8年も前になりますが妻のぼそっと言った「自分でカフェをやりたかったな」 という言葉を思い出し、一念発起して活動を開始しようと決断しました。 正直、カフェ経営どころか、ただのコーヒーが好きなだけ人間なので 経営のこともコーヒーの事もまったくわかりません。本当に0からのスタートです。 開業まで10年以上は覚悟しています。それまでの軌跡を残したく開設しました。 僕自身が精神疾患にかかるまで、正直「甘え」だと思っていました。 でも精神疾患は立派な病気です。でも、前向きに生きる僕のブログを見て 少しでも勇気づけられたらなと思います。
プロフィール
id:tamahiyo3147 はてなブログPro
リンク
ブログ投稿数
18 記事
' にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村